shoryu51のウルトラマンレビュー

『ウルトラQ』から始まるウルトラシリーズのレビューを書いていくブログです。

新しいブログを始めました。

この度、新しいブログを始めました。

 

『shoryu38の特撮・ヒーロー日記』が現在進行形のシリーズや作品を追いかけるブログなのに対し、このブログはウルトラシリーズを『ウルトラQ』から辿っていくものになります。

 

「あなたは以前にウルトラシリーズをレビューした事があるでしょう?」と言う疑問が生じると思いますが、自分が『ウルトラ38番目の弟』と言うサイトで『ウルトラQ』をレビューしたのは2003年で当時と今とでは考え方等も随分と変わってきました。少し前に『shoryu38の特撮・ヒーロー日記(当時は『ウルトラ38番目の弟』)』と言うブログに『ウルトラQ』のレビューを再掲した時も文章にどこか違和感を覚えて気持ちがいまいち乗りませんでした。

 

今年に入って、切通理作さんの『怪獣少年の<復讐> 70年代怪獣ブームの光と影』や白石雅彦さんの『「ウルトラマン」の飛翔』を読む中で、再び昭和ウルトラシリーズを振り返ってみたいと言う気持ちが湧き上がってきました。
正直言うと、昨年末に一度体調を崩したので以前のようにレビューが出来るのか不安もあったのですが、その後、体調も回復してきたようなので、ウルトラシリーズ51年目となる今年2017年に自分も新たな一歩を踏み出してみようと言う結論に至りました。

 

サイト『ウルトラ38番目の弟』でウルトラシリーズのレビューを始めた時は「全てのウルトラ作品を公平に取り上げる事で各作品間にある壁や溝と言ったものを取り除きたい」と言うテーマが自分の中にあったのですが、今回はまだ自分の中でのテーマが決まっていません。なので、色々と探り探りになりますが、今の自分がウルトラシリーズをもう一度振り返った時に何が見えてくるのか、まだ見えていないものを目指して、とりあえず歩き出してみようかなと思います。

 

twitter.com

 

ウルトラ38番目の弟(トップページ)

 

shoryu38.hatenablog.com