shoryu51のウルトラマンレビュー

『ウルトラQ』から始まるウルトラシリーズのレビューを書いていくブログです。

「変身」 『ウルトラQ』制作第2話

「変身」
ウルトラQ』制作第2話
1966年5月29日放送(第22話)
脚本 北沢杏子(原案:金城哲夫
監督 梶田興治
特技監督 川上景司

 

変身人間 巨人
身長 20m
体重 500t
八ヶ岳で目撃された謎の巨人で、正体は昆虫学者の浩二が謎の巨大化を遂げた姿であった。
人語を失った状態で村に降りてきたところを熱原子X線を受け、その後、元の大きさに戻って意識も回復した状態で発見された。

 

巨蝶 モルフォ蝶
身長 80cm
体重 100g
アマゾンにしか生息しない蝶だが何故か蓼科高原でも発見された。
一年後にあや子が再び来た時には沼と共に姿を消していた。
実在するモルフォチョウをモデルにしている。

 

「もしも、あなたの恋人がアンバランス・ゾーンの中へ落ちた時、それでもあなたの愛は変わらないと言えるでしょうか?」

 

バランスの崩れが早くも人間そのものに襲いかかった話。
怪獣が出現するより自分の体が変異する方が遥かに恐ろしいのかもしれない。巨人となった浩二は人間としての意識が微かに残っていたが既に彼は人間であって人間ではない存在になってしまっていた。

 

浩二が巨大化したのは沼の水が原因だと考えられる。モルフォ蝶も異常に大きい個体がいたが、おそらく沼の水を飲んで巨大化したのだろう。

 

その沼だが、アマゾンにしか生息しないモルフォ蝶がいた事から異界に繋がる扉のようなものだったのかもしれない。沼を目撃した時点で浩二とあや子はアンバランス・ゾーンに足を踏み入れていたのだ。
一年後にあや子が再び訪れた時には沼は無くなっていたが、これによって巨人となった浩二は異界から閉め出されて現実世界に迷い出て人々に目撃される事になったと考えられる。(沼があった間は巨人となった浩二は異界に潜んでいたので一年間にわたって人々に目撃されなかったのだろう)

 

アンバランス・ゾーンに落ちた浩二は異形の姿に変わって人語も失うと既に人間とは呼べない存在になってしまい、そんな浩二を恋人のあや子は拒絶してしまう。
熱原子X線を受けた後に浩二が元の姿に戻って言葉を喋れるようになった理由は不明。考えられるとしたら、アンバランス・ゾーンである沼の水を飲んでしまった為に人ならざる存在になってしまったが、人間が作り出した科学に触れた事で人間世界の存在に戻る事が出来たと言うところだろうか。もう一つ考えられるのは、沼の水を飲んでしまった浩二は獣性のようなものに取り憑かれてしまったが熱原子X線によってその獣性の部分が滅せられたとかだろうか。

 

今回の話は熊谷健さんから聞いた『辰子姫伝説』を基に金城さんが原案を作り、それを北沢杏子さんが脚本にした。

 

twitter.com