shoryu51のウルトラマンレビュー

『ウルトラQ』から始まるウルトラシリーズのレビューを書いていくブログです。

「バルンガ」 『ウルトラQ』制作第16話

「バルンガ」
ウルトラQ』制作第16話
1966年3月13日放送(第11話)
脚本 虎見邦男
監督 野長瀬三摩地
特技監督 川上景司

 

風船怪獣 バルンガ
身長 不定
体重 不定
宇宙空間を彷徨い恒星のエネルギーを喰う生命体。20年前は隕石によって、今回は衛星ロケット・サタン1号によって地球に運ばれた。周囲の動力を吸収して成長し、東京の機能を完全に麻痺させる。
20年前の個体は奈良丸博士によって殺され、今回は人工太陽によって本来の食べ物である太陽へと誘導された。
名前の由来は「バルーン(風船)」からと思われる。

 

「怪物? バルンガは怪物ではない。神の警告だ。君は洪水に竹槍で向かうのかね? バルンガは自然現象だ。文明の天敵と言うべきか…」

 

「怪獣」と言う概念すら通用しない存在であるバルンガ。文明の天敵とも言えるバルンガによって人間社会は崩壊の危機に瀕する。台風、地震、洪水と地球の自然現象にも勝てない人間は宇宙の自然現象の前に為す術が無かった。

 

「この気違いじみた都会も休息を欲している」と奈良丸博士が言ったように電気の無くなった都会は静かであった。しかし、今の人間は電気が無ければ生きていく事が出来ない。我々の日々の生活は意外と脆い基盤の上に成り立っていたのだった。

 

人間は科学によって地球の生態系の頂点に立ち、その活動範囲を宇宙にまで広げたが、そんな人間もバルンガにはまるで対処が出来ない。最後はバルンガの本来の食べ物である太陽へと誘導する事に成功するが、もしもバルンガが太陽を喰ったら人間にはもう打つ手は無い。

 

サタン1号の宇宙飛行士が衛星基地からの突然の通信に驚く場面があるが、おそらくこの時点で既にバルンガによってロケットの動力は異常を起こしていて、宇宙飛行士はもっと早く目を覚ます予定だったが秒読み直前まで眠ってしまっていたのだろう。

 

今回は「大きくなったバルンガによって車が浮き上がる」と言う場面があるので、万城目はいつものオープンカーとは違う屋根付きの車を運転していた。

 

バルンガによって破壊された車の破片を受けて一平が大怪我を負ってしまう。『ウルトラマン』以降だと、このくらいの怪我はなんともなくなると言うのに…。特に『ウルトラマンT』辺りだと。

 

今回の話は奈良丸博士の謎めいた言動とバルンガの得体の知れなさが合わさって『ウルトラQ』の中でも独特の雰囲気を持った話となっている。

 

今回の話はロバート・シェクリィの『ひる』を下敷きにしているらしい。

 

今回の話で川上監督は『ウルトラQ』を離れた。円谷プロを退社して、『ゴジラ』の美術監督である渡辺明さん達と共に日本特撮プロダクション(日本特撮映画株式会社)を設立し、松竹の『宇宙大怪獣ギララ』の特撮を担当した。

 

twitter.com