shoryu51のウルトラマンレビュー

『ウルトラQ』から始まるウルトラシリーズのレビューを書いていくブログです。

「侵略者を撃て -バルタン星人登場-」 『ウルトラマン』制作第1話

「侵略者を撃て -バルタン星人登場-」
ウルトラマン』制作第1話
1966年7月24日放送(第2話)
脚本 千束北男
監督 飯島敏宏
特技監督 的場徹

 

宇宙忍者 バルタン星人
身長 ミクロ~50m
体重 0~1万5千t
発狂した科学者の核実験によって故郷の星が爆発し、宇宙旅行中だった者達は生存出来る天体を求めて宇宙を放浪する事となった。宇宙船が事故を起こして修理の為に立ち寄った地球を気に入り、そのまま移住しようとした。全員で20億3千万人いて、見えない宇宙船の中でバクテリア大になって眠っている。
両手の鋏から赤色の停止光線やミサイルを放ち、その他にも分身、姿を消す、人間の体を乗っ取る、傷付いた体から脱皮すると多彩な能力を見せる。
火星にあるスペシウムと言う物質が苦手で、科学センターに現れた個体はウルトラマンスペシウム光線を受けて炎上し、見えない宇宙船もウルトラマンによって破壊されたらしい。
名前の由来は「バルカン半島」から。『ウルトラQ』の「ガラモンの逆襲」のセミ人間の着ぐるみを改造している。

 

「セイメイ? ワカラナイ。セイメイトハナニカ?」

 

ウルトラQ』のタイトルを突き破って『ウルトラマン』の色鮮やかなオープニングが始まる事で新時代のヒーローや怪獣の誕生を感じる。

 

制作第1話でありながら登場人物達が視聴者に話しかけると言う型破りな演出が取られている。

 

制作第1話だけあって今回の話では科学特捜隊各隊員の描き分けがされている。
イデ隊員とアラシ隊員、フジ隊員とホシノ君、ムラマツキャップと防衛軍と言ったようにセットにして対比させる事でそれぞれのキャラクターを見せている。
ハヤタ隊員は誰ともセットにされてはいなかったが、バルタン星人の攻撃を回避し、さらにバルタン星人との交渉を行い、科学センターからバルタン星人に関する情報を科特隊に送ると他の科特隊員が出来なかった事を成し遂げていて優秀さが描写されていた。最後もムラマツキャップには知識があっても用意する事が出来なかったスペシウムをウルトラマンに変身して使用する等、全般にわたって人間離れした活躍を見せた。

 

謎の宇宙人の正体が明らかになっていないのに防衛会議には「バルタン星人」と言う名前が出ている。『ウルトラマンT』の「ウルトラの国大爆発5秒前!」に登場したテンペラー星人は地球人の大谷博士にその存在を知られていたが詳細は謎となっていたので、それと同じようにバルタン星人も姿と名前だけは一部の地球人にも知られていて、科学センターから生還したハヤタ隊員が宇宙センターのデータでも見て「僕が遭遇したのはこいつです」とか言ったと思われる。

 

科特隊と防衛軍は別組織となっている。防衛会議でもムラマツキャップがバルタン星人との話し合いを提案するのに対し、防衛軍は核ミサイルはげたかの使用を提案する等、両者の違いがハッキリと示されている。

 

イデ隊員は宇宙語を話せるらしい。『ウルトラQ』の「宇宙指令M774」に登場したルパーツ星人のような善意の宇宙人が地球人に教えてくれたのかもしれない。宇宙語の文法は知っているが実際は殆ど話せないイデ隊員の姿は英語を上手く使えない日本人みたいであった。

 

バルタン星人が地球に移住しようとしているのを聞いてホシノ君を始めとする地球人達は拒絶するがハヤタ隊員はあっさりとそれを受け入れている。この時点ではバルタン星人の行動にあまり非が無いので、地球の風俗や習慣に馴染み地球の法律に従うのならそれも不可能な事ではないと言うのがハヤタ隊員の答え。この時のハヤタ隊員の意識は地球人のものなのか宇宙人のものなのか分からないが、宇宙人ウルトラマンと一体化している事が少なからず影響していたのは間違い無いと思われる。

 

バルタン星人が全員で20億3千万人いると言う話になった時にイデ隊員が「世界中の人口を合わせたって22億だって言うのに!」と返しているが1966年の世界人口は34億人だったりする。世界人口が22億人だったのはおそらく第二次世界大戦直後くらいの頃であろう。

 

ハヤタ隊員がベーターカプセルを落として、それを掴む為にビルから飛び降りる展開は色々と強引。あれではイデ隊員がハヤタ隊員の正体を怪しむのも当然。

 

制作第1話でありながらウルトラマンとバルタン星人の戦いは空中戦が中心となっていて、ウルトラシリーズでよく見られる地上での取っ組み合いは見られない。空を飛べない地球人と違ってウルトラマンやバルタン星人は宇宙人であると言う事を示した戦いとなった。

 

今回の話は「スペシウム光線」の名付け編となっている。フジ隊員が勝手に名付けてしまったがウルトラマン自身はあの光線をなんと呼んでいたのだろうか?
因みに「スペシウム光線」の名前は「スペース(宇宙)+イウム」から作られた。

 

制作初期故か、フジ隊員がムラマツキャップの事を「キャプテン」と呼ぶ等、全体的に呼び方等が定まっていない。

 

twitter.com